ABOUT教室紹介

スタッフ紹介

深井原
リサーチ
深井 原Moto Fukai

臓器移植において最初に直面する障碍はドナー不足です。心停止後に提供された臓器や脂肪肝などを安全に利用できれば、より多くの命を救えるはずです。臓器保存の研究は100年前にAlexis Carrelが提唱した、“体外で臓器を活かす方法“から発展し、現在は既に傷んでいる臓器の修復法を見出すことに主眼が移りつつあります。
低温酸素化灌流による臓器修復によって、より多くの命を救えるようになることを信じて、前進したいと考えています。

認定資格

  • 日本外科学会専門医
  • 日本臓器保存生物医学会評議員
  • 同学会・臓器保存機能再生プロジェクト小委員会委員
  • 医学博士

略歴

  • 1994年
    北海道大学医学部 卒業
  • 1994年
    北海道大学病院
  • 1996年
    渓和会江別病院
  • 1997年
    札幌厚生病院
  • 1997年
    北海道大学病院
  • 2002年
    恵み野病院
  • 2004年
    北海道大学病院

一覧へ戻る